FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キムタクが、腹くくったら・・・?

年末に、キムタクの「武士の一分」をみた。


夫が娘ふたりを連れて、帰省していたので、
年末といっても、さしてすることがない、特に夜なんかは。
ただひたすら、
ぐちゃぐちゃになった(なっていたのに、灯台もと暮らしで、知らなかったのかも・・・
HPと格闘してた。
居間で。


疲れて、テレビをつけたら、「武士の一分」のキムタクが、中間の徳平(笹野高史)に
決闘前の別れを言ってるとこだった。
映画はあまり見ない私でも、クライマックスや!ってわかる。

いやあ、だれかが、
あの映画のキムタクは、いつものワンパターン演技のキムタクと違うっていってたけど、
ほんまやん。
いわへんかったら、キムタクやってほんまにわからへんわぁ・・


やったらできるやん。
もう、歳なんやし、
スマップかて、あんなへたなグループ、ジャニーズはじまって以来やろぉ~
なんにもでけへんのに、人気だけはあるという、摩訶不思議なグループなんやし、
そろそろしっかりした演技せんとなあ、あとがないでぇ。
(ウッホ、すいません。前にも言ったけど、私、キムタク嫌いなんです。
キムタク批判になったら、とまりません・・このへんにしとかんと・・・)


また、この脇役(笹野高史)、時々みるけど、ええやん・・・
これ、この人の代表作になるんとちゃう?


なんて、気分だけは批評家の私は、最後まで珍しく腰をすえて見てしまった。
元旦、年末に子供が予約録画した番組欄をちらっとみたら、
これがあって、はじめっから見てみた!
買い置きしたパンかじりながら・・・


ほんまにもう、正月早々、
お金なくて帰省できないアパート暮しの独身の正月みたいやな。

さすがに、小津安二郎好きの山田洋次らしい、
日本の情緒たっぷりの田舎家をバックにして、
梅雨あたりから、ずっと、四季を追いながら、
起承転結していく・・・

でも、そこにいるキムタクはこれまた、
あのいつものおめでたい(ああ、キムタクファンさん、ごめんなさい!もう言いませんから!)
キムタクを地でいっているんだよねえ。
かっこよくて、そこそこ頭がよくて、冗談でも人をそらさない、あの現代人気質のキムタクが。

山田洋二は、この部分で、キムタクやな、って配役きめたんやな。


それが、いつもの四季を追えなくなる生活がはじまって
したいに、形相が変わっていく。
死を賭すと意を決したとき、その表情もクライマックスを迎える。

もし、いつものキムタクキャラで最後までひっぱったら、
決闘の場面でも、声がひっくりかえるほど、興奮して声をあらげ・・・って
だいたい予測がつくゼ。
それが、どこにもあのキムタクキャラがいない・・・      文責;批評家蓼子・・・



そこで私は思った。

もし、
キムタクにも、死を賭さなければならないような事件がおこれば、
かっこよさという、適当な上着でごまかしてはいられなくなるんだ。
そして、その中からきっと、真のキムタクが顔をだすんだ・・・

そんなキムタクを、見ることがあるんだろうか・・・

平和は、人を鈍らす。
一大事が終わったあとには、また元の平和な夫婦の暮らしがかえってくる・・・・



まっ、キムタクに一大事なことがおこるわけもなく、
今日は今日でさんまさんと、
あいかわらずのキムタクぶりを存分に発揮していらっしゃった。

そして、私はといえば、「一分」は遠い世界となり、
私の頭の中は今日からの二夜連続
「のだめカンタービレ」のことしかございませんのです



せぇ~かく、キムタクを見直そうと思ってたのに・・・・ね






↓少しでも楽しめましたら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
スポンサーサイト

00:29 | 芸能あれこれ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ミミコ、今年もかぁ~? | top | 芸能スピリチュアル予想・・・

comments

#
yukiさんへ
けっこうキムタク無理な人いるんですねえ。
私、元々、嫌いというより、関心さえなかったんですが、
子どもがジャニーズ系を見るようになってから、気づいたんですよ。
たとえば、TOKIOは、音楽性があって
結構方角性がしっかりしているグループだとか、
kinkiキッズの剛くんは、歌がうまいとか、ってね。
それに比べたら・・・・
ねえ・・・・・。
にしても、「のだめ~」見た?
う~ん、玉木クンのかっこよさは、バージョンアップしてましたねえ。
今日の夜が楽しみv-10
蓼子さん | 2008/01/05 18:52 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちはi-179
私もキムタクのワンパターン演技がどうもねぇ…。
って思ってる一人です!
だから「武士の~」も興味なかったんですけど、
いつものキムタクじゃないんですね。
次回機会があったら見てみてもいいかな?
「のだめ~」はマンガを読んでます。
面白いから大好きです!
五月うさぎさん | 2008/01/04 17:22 | URL [編集] | page top↑
#
五月うさぎさんへ
はい!
きっと、40年後の「キムタクの生涯を振り返る」っというドキュメントテレビでは
大変珍しい映像として紹介されることでしょう。
そして、
「キムタクはほんとうは、こんな演技もできたのに、
みなんさんの要望でどうしても、
時代を代表する人気タレントとしての演技しかさせてもらえなかった」
というコメントがながれていることでしょう!
蓼子さん | 2008/01/04 21:02 | URL [編集] | page top↑
#
うわぁ~同じです、私もキムタクが嫌いでv-431
SMAPも本当に何故特別扱いのグループなのか、、、、わかんない。
歌もダンスもダメダメじゃんね。
中居くんはわりと好きだけど、、、中身をさらけ出してるから、
キムタクはいつでもかっこつけてる風がイヤだな、、、
おっと私も止まらなくなっちゃう~からこの辺でv-222
yukiさん | 2008/01/05 17:37 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dongurikazoku.blog17.fc2.com/tb.php/25-4ee3c2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。