FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

祈り

ネットで、
知人の家と似た
住所や、家族構成、年齢等の方のお子さんが、
自殺したという記事を見つけ
まさかと思いながらも、
一日中、ケイタイを手にその名を訪ねまわっていました。

彼とは、こっそり夜の大学に侵入し、
いっしょに大文字さんを見た仲間でもあり、
最近では、この家のリフォームのお手伝いを、
頼んでいた友人でもあります。

間違いでありますように。

と祈りながら、次々と入ってくる情報に、
しだいに心がうわずり、高ぶり、
涙がとまらなくなりました。

そして、

やはり、彼の息子さんでした。


水を打ったようにとはこのこと。
かえって、私の心は、
まったくの平常心にもどりました。
なぜだかわかりませんが。

一度、その子の声を電話で聞いたことがあります。
しっかりしたよい子だと思いました。

ご冥福を祈り、ご家族には癒されることがひとつでも多きことを。






スポンサーサイト

00:14 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
表彰状には 付録を(3)鍼灸師と売れっ子作家 | top | 表彰状には 付録を(2)タヌキがくれたもの  

comments

# しすけんさんへ♪
重たい記事にもかかわらず、
コメント、ありがとうございます。
友人の中でも、私たち女性陣は、
直接電話も怖くってできず、おろおろしていましたが、
男性陣は、すぐ電話で確かめたそう。
ただ、故人の遺書に、
お葬式はあげないでといった内容があったとかで、
だれにも知らせずに、
送られたとのことでした。
それで、私たちにも、
なかなか伝わらずにいたようでした。
ただ、男性陣がしっかりサポートしてくれていて、
それで、私たちは、非常に心強く安堵しました。
彼らがそばについていてくれる・・・
友人ってありがたいものだと思います。
蓼子さん | 2008/05/10 21:35 | URL [編集] | page top↑
#
悲しみも過ぎると、そういう心境になるのかもしれませんね
ご冥福をお祈りいたします。
しすけんさん | 2008/05/10 00:33 | URL [編集] | page top↑
#
辛いですね。
私もニュースでやっていた女子学生の自殺が先輩だったことがあります。クラブでお世話になった先輩だったので、ものすごくショックでした…。
先輩どんな気持ちで飛び降りたんだろうと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
まりごまさん | 2008/05/11 06:40 | URL [編集] | page top↑
# まりごまさんへ
重たい記事にもかかわらず、
コメントを入れていただき、ありがとうございます。
世間では、「簡単に自殺を選ぶ・・・」とか、
「自殺する前にほかに・・・」といったフレーズを耳にしますが、
実際、身近かにこういうことがおこると、
そんなものではない、という思いが強くします。
蓼子さん | 2008/05/12 10:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dongurikazoku.blog17.fc2.com/tb.php/70-18de21c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。