FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

京都のお作法

夜中の番組、それも再放送で、
「Pabo Talk」っていう、
おバカさんで売ってる人気グループ3人が、
いろんな人とためになるトークをする番組に、
京おんなの市田ひろみさんがでてた。
彼女からマナーのレッスンを受ける三人。
 
最後、締めのことばで、
彼女に、ダメ出しをされたグループのひとりが、
 「(市田先生のだめだしで)やだなぁって思ったけどぉ・・・」
と本人前にして言い、市田さん苦笑い。
 せっかくマナーレッスンの成果がこれじゃあね、
ってオチじゃあないけど、
そんなオチになってトーク終了。
 
それ見て思い出したのよ。
 
京都人は、最後に、まあお茶漬けでも・・・
っていうけど、それをマに受けちゃいけない。
ってよくいうよね。
 
あたし、これ、わりとわかる。
 
お茶漬けぐらいしかないけど、
まだ、積もる話もしたいし、どう~お?
 っていう気持ちだけはあるんやで。
でも、ほんまに家にあがらはったら、
お客さんとして、
ちゃあんともてなしせなあかんし、
たいそうなことになる。
それは、お客さんも承知やし、
つまり、
あがったら、相手さんがもてなしにたいへんな思いをすること、
わかってるし、
実際にあがることはムリやなあ。
 
それを、
ほな、あがらせてもらいますっ
ていうて、あがらはったら、
そりゃ、おこるやろぉ~
 
てな感じやねん。
あたしって、すっごい京都人?
 
他の地方の人はわからへん?
かな?
だよね?
 
 
 
ここまでは、前置き。
 これから。
ちょっと、聞いてほしいねんけど。
 
やっぱり、以前住んでた住宅でのこと。
場所は、京都。
 
ご近所のご主人が、骨折なさった。
で、
親しくしている人たちだけで、
1000円だったか、500円だったかを集め、お見舞い金を出した。
 
 
数か月後、めでたくご主人は退院。
 
そして、しばらくして、
その奥さんが、わが家のドアをノックしてきた。
手には、紙包みをもって。
 
その節はありがとうございました。
おかげさまで退院しました。
あのお、
これ、つまらないものですが・・・

 
と、その包みをあたしに。
 あたしは、
 
いえいえ、そんなあ、
そんなつもりじゃなかったのに、
お気を使わないでくださいよ。

 
と応えました。
 すると、かの女は・・・
 
ねえ、どう言ったと思いますか?
あなたなら、どう言いますか?
どういうのが、ふつうなん?
 
彼女は
こう言いました。
 
 


 
 




そうでしょうお! 
だから、そう義母にも言ったのよお。
でも、持ってけっていわれて・・・
ねえ、こんなのいいっっていったんだけどねえ。
やっぱり、いらないわよねえ~~~。




驚いたのはあたし。
まあ、お義母さんにそう、はっきり言える、
家族環境もちょっと驚きですが、
それはそれとして、
あたしは、なにも考えずに、

いえいえ、お気を使わないで・・・

のあとには、

そんな言われるほどのたいしたものでも、
ございませんから。


とかのことばが続き、

そォお~~、
じゃ、せっかくですから、遠慮なく
いただきますね。
なんだかかえって気を使わせてしまって、
悪かったわねえ。


と言って、いただく・・・・
という定型劇が待ってるとばかり思ってたので、
こうきたもんで、
いただく次の動作をどうしていいやら・・・

こんなときは
なんと応えたらいいのか、
あたしの主婦としての教科書の中にはなかった。
困ってしまって、

♪わんわんわわ~~ん♪
♪わんわんわわん♪
 
ちと、選曲がかわいらしすぎ?

たぶん、無事、物はいただいたとは思うんだけど、
みなさんはどう思いましたか?

この奥さんは、東北地方出身。
旦那さん、お義母さんは、京都人。

だから?

これって、京都人など、関西の常識?
それとも、時代のギャップを感じさせるやりとり?


いまだに、ひっかかってるあたし・・・




↓少しでも楽しめましたら、ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

12:35 | 主婦な私 | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑
改めて、京都のお作法 | top | 記念すべきウ〇チ

comments

#
私も蓼子さんと同じ感じ!
ちょっと引いちゃって後が続かなそう~!
「渡しに来たんじゃないのかい?」って思いますよ~!
いろいろな人がいるのでわからないもんですよね~。ε-( -`Д´-;A)
しずくさん | 2008/05/22 19:03 | URL [編集] | page top↑
# う~~ん。
地域性と言うより…その人の"人と なり"でしょうか?
大人ですもん、社交辞令もありだと思うし。
しかし、今時、何が正しくて何が間違ってるのか…わからないですよねぇ。
大人の常識も、大人の中で通じなかったり^^;
自分が正しいのかさえも、たま~に不安^^;
いつまでも良識ある人でいたいモンですな。
シラフの時くらいは…アハハ。
oliveさん | 2008/05/22 17:48 | URL [編集] | page top↑
#
兵庫県生まれ、兵庫県育ちです。
持っていってそれは言わないですね~。e-263
ただ、「お茶漬けでも・・・」は、いただきたくなっちゃうかも。
京都のお茶漬けっておいしそうだし。(^^;)
みいさん | 2008/05/22 13:34 | URL [編集] | page top↑
# ん…
彼女は京都の人やなかったんでしょうね…
そんなん言われたら礼良も、めんとくらってはぁ…としか言えないかも…
そんなんええのに…
はすぐにもらったらいじきたなくみえるから一度は遠慮するみたいな
他の地方の人は素直にもらうのかしら…
ほんと疑問ですよね…
あと不思議な会話で
こんにちわ
いやどこかお出掛け?(どこ行こうが勝手やン)
はぁちょっとそこまで…(そこまでってどこまで?)
よろしおすなぁ…
(どこに何しにいくのかわからへんのに何がいいんやろ?)
ではさいなら…
(そんで納得?会話成立?)
子供の頃毎回くりかえされる意味のない会話に疑問を感じてましたよ
これも京都だけなんでしょうか?
礼良さん | 2008/05/22 13:51 | URL [編集] | page top↑
#
私は快気祝いは必ず持って行きます。
ご心配をいただいたお礼と思っています。
快気祝いを頂く側の時にも普通に頂きます。
私も変なのかしら。
ceremonyさん | 2008/05/22 14:05 | URL [編集] | page top↑
#
すっごい仲良くって
ぶっちゃけ話もするような相手なら
そんな風に言っちゃうかもしれない、あたしも。
でも、普通のご近所さんで
そういうことは言わないよねぇ、普通…
あたしは、そういうやりとりって
すっごいニガテで。
こっちがお礼をするときは
ある程度の定型劇は覚悟しますが
自分がされるときは
わざわざすみません、ありがとうございます、
ってさっさとすませちゃいます。
もしかして
なんと遠慮のないひと、とか
思われてるかも!!
ねこまたさん | 2008/05/22 14:13 | URL [編集] | page top↑
#
この京都流コミュニケーション、実は苦手なのです。
「つまらない物ですが」とか言っちゃうと、
モノが可哀想に思えて・
「お礼です。ありがとうございました。」
と、がんがん押し付けるし。(あつかましい?)
「お気を使わないでください。」と突っ返してしまうと、
相手が困るのでは・・・と思えて。
「はい、ありがとうございます。」
と、あっさりもろーてしまいます。(ずうずうしい?)
京都にはそのような複雑なパターンはいくつくらいあるのでしょうか。
他にはどんな常識を覚えたら住人になれるの?
(箒を門に立てかけるとか)
piemoさん | 2008/05/22 17:20 | URL [編集] | page top↑
#
アタシの住んでる方はあげたいものがあると
「○○ある?」とか「○○いる?」って聞きます。
まずはお伺いをたてるのです。
アタシの家は基本、あげたいと思ってもらったことを尊重して
「えっーーーありがとう!いいの?」
ともらいます。
たとえ、かぶっていても・・・
人間拒否られるといい気分しないじゃないですか・・・
それは地域性なのか、個人なのかはわかりませんが・・・
単純にしか考えられない家です・・・
ひまあゆさん | 2008/05/22 21:48 | URL [編集] | page top↑
# 遊びにきました♪
やっぱり礼儀は地方地方で大きく違いますね(^^)
僕は熊本なんですが、
熊本の場合結構あがることが多いですよ!
ただし、おかまいもまったくないですねぇ(´∀`;)
でも京都のような礼儀にはあこがれますねぇ☆
礼儀は心遣いですから、
京都みたいな思いやりにもふれてみたいですね。
たまさんさん | 2008/05/22 22:06 | URL [編集] | page top↑
#
前回のコメントレスを見て
去年、子供に
 
   そんなの関係ねぇ\(^O^)/
    
       そんなの関係ねぇ\(^O^)/
と言われた世のお母さんたちの気持ちがちょっと分かった気がします...
ま、それはそれとして^^;
作法とちと違う礼儀の部類でしょうが
若い人が目上の人と話す言葉遣いを聞いていて
聞いてるこっちがヒヤヒヤすることはあります(ーー
最近はなんか慣れたと言うか、そんな気持ちも鈍磨してしまいましたが...
それ以前に自分もそんなに礼儀正しいわけでもありませんしね^^;
あ、でも退院したときには快気祝いをちゃんとお贈りしました
しすけんさん | 2008/05/22 22:25 | URL [編集] | page top↑
#
私も、蓼子さんと同じように感じますよ~。
社交辞令や遠慮から出る言葉を真に受けて「そうでしょお!・・・」と発言するなんて、ビックリします。出身地の問題ではなく、その人自身の人となりではないでしょうか。
「そんなことおっしゃらず、ほんのお礼の気持ちですから」くらい言えないと、ご近所のお付き合いは難しそうな人ですよね・・・。
倹約主婦さん | 2008/05/22 23:33 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして、こんばんは
いろんな意味の社交事例の氾濫とその消滅。
あ然とするような態度を間に当たりにするのも
珍しくなくなりましたよね。
身近にそんな人がいたら
余計にびっくりしてしまいます。
でも、そんな普通じゃないことが
普通にまかり通ったり
「何がおかしいの?」なんて
逆切れ気味に言われたりすると
どこでそうなったのか考えてしまいます。
もしかしたら、自分も実は渦中にいたりして
気がつかないだけなのかもと。
他人の振り見て我が振り直せとは
あくまでも話の中だけにしたいものですよね。
さすらいさん | 2008/05/23 01:20 | URL [編集] | page top↑
# 初めまして!!
ミツルリのお母飯と申します。
新参者の読者の者です。
足跡&にこははさんのところからたびたびお邪魔しております!
読み逃げ常習犯の私ですが、どうぞよろしくお願い致します。
お話の方・・・
お母飯も目が点になります^^;
義母にそんな事言えないし、
言われなくてもしようと思いますもの。
たとえ500円でもいただいたのなら
みなさんに快気の報告に伺うのが筋だと思います。
蓼子さんの想定した会話が正解だと思います~。
お母飯は30代ですが、
年上の方でも作法といいますが、礼儀や常識ないなという方もいらっしゃって、そんな方を見ると「なんやこいつ・・・(リアルな反応。口が悪くて失礼いたします!!)と思い、ものすごく腹立たしいくなるものの、ご近所さんだと「この先もあるし・・・」とぐっとこらえる小心者です^^;
これからも楽しい記事、読ませてくださいね!
ミツルリのお母飯さん | 2008/05/23 09:24 | URL [編集] | page top↑
#
京都のお茶漬けの話、有名ですね(^^)
けど、「はい、おおきに♪」ってかっくらう人もいるんだろうなあ。今でいうKY?
お話の方、「えええ~?」って思いますよ。
いくらなんでも、ぶっちゃけすぎですね。
内心思っていても、社交辞令ってものがあるでしょうって。
私も
♪しゅう~ちし~ん、もって
  しゅう~ちし~ん、もって
生きていきます…☆
まりごまさん | 2008/05/23 10:30 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちはi-179
いろんな方が居ておもしろいわi-184
だから人間やめられませんi-237
直面したら慌てるけどねi-229
お疲れさまでしたi-225
気まぐれ猫さん | 2008/05/23 15:27 | URL [編集] | page top↑
# コメント、ありがとうございました。
すいません・・・
今回はお返事を失礼しようかと・・・
こういう記事を書くのは、
むずかしいものがあるなあとつくづく思いました。
すいません・・・
今回は、失礼させていただいて、
そちらのブログにおじゃまし、
コメントさせていただいて、
お返事にかえたいと思います。
ちょっと、遅くなるかとおもいますが・・・。
蓼子さん | 2008/05/23 15:27 | URL [編集] | page top↑
# 初コメさせていただきやす
>最後に、まあお茶漬けでも・・・
って言われたら、”精一杯のもてなし”
って勘違いして、いただきます。
京都では、読解力が試されるのですね!
苦手だ…。
安田美沙子さんのブログでもそうですが、
京都弁は癒されますv-398
typeBさん | 2008/05/25 22:19 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして。
いや、まあ、ようこそ、
おいでくださいました。
いっつも、しすけんさんとこで、
ご一緒ですやんねえ。
こちらこそ、よろしくお願いします。
只今、娘、ミミコより、
強力な電磁波がでておりまして、
ちょっと、通じにくくなっております。
そのうち、ゆっくりしましたら、
またそちらへも伺っておしゃべりさせて
いただきとうぞんじます。
取り急ぎ、お返事まで。
蓼子さん | 2008/05/26 00:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dongurikazoku.blog17.fc2.com/tb.php/78-793db51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。